Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

忙しい。。。

最近、なんでこんなに忙しいんだ、ってくらい忙しい。

そして、忙しいときほど整理することが大事なことに気付く。
目の前にある仕事にとりあえず手をつけて少しでも仕事を
こなそうとする誘惑は非常に大きいけど、そこでぐっと
がまんしてとりあえずやることリストと計画作りをしないと
効率悪いし、仕事が進んでいる気がしないからやる気も
低減する。

固定スケジュールとその他のやること一覧を手元において
つぶせるところからつぶしていかないと、ひたすらやることが
終らない。



そんな今日、授業中、眠すぎてうとうともせず、妙に覚醒気味な中、
不思議な高揚感と白昼夢の間みたいな間隔になってた。
最近、明らかに体力が落ちてる。。。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/19(木) 14:31:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ここ2週間。その2

先週の金曜日(6/9)

卒業式。
ここの卒業式は、屋外の芝生の上でやる。
なのに、天気予報は、雨。
去年、一昨年と快晴だったのに、今年に限って。。。

まぁ、そんなこと言ってても始まらない。
ガウンは色が染みるらしいので、下には黒いズボンと
黒いセーターを着て、式へ赴く。

これでこの大学ともお別れ、と言うのなら多少の感慨
もあるのだろうが、修士を卒業したところで、
明日からまた同じ部屋で同じ人々と同じ実験をしつつ
同じようなデータとにらめっこをするわけである。
親が来ていなければ、正直、出ていたかどうかも怪しい。

まぁ、それでも卒業式は卒業式である。
一応スピーチ聞いて、学位もらって、写真撮って。

そして、結局、雨は降らなかった。
前日も翌日も雨で、式中も雲行きはあきらかに雨を
示唆していたのに、一滴も落ちてこず。
惑星地球科学科の仕業に違いない。

夕食は、また親と一緒に、前から一度行ってみたかった
ちょっと遠くだけど有名なシーフードレストラン。
前の晩の満腹感が未だに残っていたのは残念だったが、
それでもまた結構食べてしまった。
噂に違わず、ここは美味しい。


先週の土曜日(6/10)

早朝、わけあって普段あまり行かない地区へ。
土曜日のこんな朝早くにも普通に電車が走っているのが
不思議に思えてしまうあたり、ボストンである。

午後は午睡、夜はミーティング。


先週の日曜日(6/11)

一週間、よく遊んだなー、と思いながら、ぼぉっと過ごす。
遊び疲れがたまっていることに気付く。


今週の月曜日(6/12)

朝9時、キックオフ。
午前11時、がっかりする中、試合終了。
こんな一週間の始まり。
でも、やる気がないとか言ってる場合でもなく、久しぶりに
まじめに研究。

夜は、テニス。
来たのは3人、うち一人は足を痛めたらしく、ほとんど二人で
丸2時間近く、続けて打ってた。
相手をしてくれた女の子は、それでも普通に平気そう
なのには少々参った。
経験ではこっちの方があるはずなのに、自分の方が
遊ばれていた気がする。。。


今週の火曜日(6/12)

夕方のミーティングでプレゼン。
研究成果の報告というよりは、直面している問題の提示と、
アドバイスの要請。
用意したスライドの半分くらいは使わなかった気がするけど、
それでも相応に貴重なアドバイスをいただけたから、
まぁ、いいでしょう。


今週の水曜日(6/13)

なぜか今日も夜からテニス。
一人は、先週ひたすら打った女の子、もう一人はめちゃくちゃ
上手い人。
こういう組み合わせの二人と打つと、それぞれに違う
体力を使うので、余計疲れた。
でも、気温も高くはなくてすごい気持ちよかったし、
いい汗がかけてよい。


今週の木曜(6/14)

このあたりから、ようやく研究のエンジンがかかり始めた気がする。
久しぶりに、連続する立ち仕事が多い日だった。


今週の金曜日(6/15)

夜、レキシントンでディナー。
ちょっぴりお久しぶりな方々と、日本食。
久しぶりに、ビールと日本酒。


今週の土曜日(6/16)

電子顕微鏡を使おうと思ったら、壊れた。。。
そんな萎え萎えな気分で夜は会議。
午前1時まで。
その後、雑談して午前2時においとま。
徒歩で30分くらいで帰宅。

  1. 2006/06/19(月) 07:11:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チャーリーとハリー

昨日はチャーリーのチョコレート工場を見に学内の
上映会へ行った。
貧しいけど優しいチャーリーが最後にご褒美をもらえて、
他の悪い子たちが「お仕置き」されるという、何とも
そのままなストーリーだけど(そりゃ、原作が童話
ですから、ねぇ)、おかしくて楽しい映画だった。
あ、ちなみに、この程度じゃネタバレの内に入らない、
というか、そういう前提で観る映画だと(勝手に)
思うので、これから見ようと思ってる人はぜひ。
ちなみに、「ウィリウォンカ♪ウィリウォンカ♪」
の歌が頭にこびり付いて離れない。。。

そして、ついでに、昨日、ハリーを読み終わった。
なんというか、チャーリーとは非常に対照的に、
こっちは最後がいかにも暗かった。
読み終わって、しばらくどよーん、としてた。
ハリーに関してはこれ以上書くとネタバレになるので、
まだ読んでない人のために書きませんが。
次はいよいよ最終巻、うーん、気になる。。。

とまぁ、童話の世界に入り浸るなんとも贅沢な一日でした。


で、今日はというと、なぜか普段は水曜日にある
ラボミーティングが月曜日にあって(ちなみにまた
明後日にもちゃっかりあるのだが。。。)、大変だった。
授業が二つ、その上にラボミーティングが入ると
研究が進まなくて困る。。。

[チャーリーとハリー]の続きを読む
  1. 2005/11/15(火) 16:46:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

復帰

仕事などが忙しいときほど精神的に余裕を持っていなきゃ、
と思いはするけれども、なかなかそうはいかず、自分の
未熟さを実感する今日この頃。

さてさて、「復帰」というのは、またこのブログを
頑張ってつけ始めるぞー、という意味と同時に、
実は昨日、社会復帰(??)した、と言うことでもある。

木曜日に突然入院することになり、昨日、ようやく
退院することができた。
このブログを書いている時点では極めて元気で、
一応あまり無理はしないようにだけしている程度の
普通の生活を送っている。
医者にかかることが少ない身体ではないけど、入院
は実は初体験であった。
ということで、別に他に面白いねたがない、という
わけでもないのだけど、後の自分のためも(というか
主に後の自分のために)ここにその状況を書き記して
おこうと思う。

と、思って一生懸命書いたのだけど、いろいろやってたら
消えてしまったので(涙)、内容は後日。。。
  1. 2005/11/07(月) 05:04:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3.5連休

最近、研究室の入り口の目の前の廊下の一区画が
白いビニールで覆われていて、
DANGER ASBESTOS
とかかいてあるのがすごく怖い今日この頃。。。
ええ、最近(というか少し前まで)日本で話題の
石綿(アスベスト)ってやつです。

今、隣の建物で工事をしてて、その配管か何か
をいじってるんだと思います。
将来肺がんになったら絶対に訴えてやる、とか
思ってます。
職業柄、フッ酸とか硫酸とかの蒸気を常日頃から
吸っているのでどの道将来やばいとは思うん
ですけど、ね。。。

でも、ちゃんと標識が出ていて肺がんの危険があるとか
何とか書いてあって、一応ビニールで覆われてるあたり、
意識レベルが高いんだか低いんだか。
よく見ると、密閉されてないし。どう考えたって
漏れてるし。


というわけで、来週の月曜日はColumbus Dayでお休み、
うちの大学ではさらにその翌日も授業がない。
つまり、4連休である。

と、思ってたら、学科の大学院事務室からメールが来て、
「火曜日は授業はないが、院生の研究は続けられることが
期待される。」
という釘刺しメールが。
。。。はい、かしこまりました。。。


まぁ、どの道この三連休も毎日ラボに来ていろいろ
やらなきゃいけないから、あまり関係ないんだけど。。。

院生にとって3連休なってあって無きが如しなのです。
  1. 2005/10/10(月) 04:57:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

ひじり

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。