Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

舞台芸術

初めてじゃないだろうか?
こっちへ来て、これだけテレビに釘付けになったの。

部屋に、かなり昔に友人が去ったときにおいていってくれたテレビがあるが、
ほとんどつけない。
そんな時間なかなかないし、あまり面白い番組やってないし
(というか、新聞の4面にテレビ欄がないからいつどんな番組をやってるのかよくわからないし)。

そんな可愛そうなテレビだが、今日は大活躍である。
いや、実際に大活躍したのは荒川選手であったが。


こっちでやるオリンピックは、ほぼ(?)全部録画、しかも全ての競技をやるわけではない。
女子フィギュアに関しては、やはりサーシャ・コーエンやエミリー・ヒューズに
期待がかかってのことだろうか、かなり頑張って放送されてた。
日本が今回唯一、本気でメダルが取れる可能性がある種目ということもあって、
かなり真剣に見てしまう。

しかも、録画なのをいい事に、他の競技を間にちょこちょこ入れて、
なかなか最後のメダル候補数人をやらない。
どうせ録画なんだからオンラインででも結果を確認してしまえばいいのだが、
それもなんだか味気ないと思い、仕事も手につかない中どきどきしながら見入る。



オリンピックの性質上、どうしても金、銀、銅を決めないといけない、というのは
よくわかるんだけど、こういう芸術っぽい種目が点数で競われて、しかもその点数が
テクニカルな部分に大きく依存するというのは少々残念に思える。
荒川選手ももちろん素晴らしかったと思うけど、なんていうか、
アートみたいな部分から言うと、僕はサーシャ・コーエンの方が好きかも。
舞台の上に立って、演技(?)をしている感じがとても綺麗だと思う。
2回もジャンプを転んでしまったのが残念、と言ったら非国民とか思われそうだけど(笑)、
でも、その後にもあれだけのパフォーマンスをやり遂げたのを見て、ちょっと心を打たれた。
そのほかにも、いかにもプレッシャーにつぶされかけている選手をがんばれーとか
勝手に思いながら見たり、スルツカヤの演技を見てちょっとがっかりしたり。。。
でも、やっぱり日本人にメダルを取ってほしいというなんとも矛盾した複雑な心境であった(笑)。



恐らく、日本にいたらこんなに真剣に見ていなかっただろう、と思う。
変なところで、アメリカへ来て得した気分になる。

スポンサーサイト
  1. 2006/02/24(金) 17:17:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

party, party, party,,,

木曜から土曜に掛けて、3晩連続でパーティーな日々だった。

木曜は日本総領事公邸に招待され、ディナー。
と、書くとかなり大物っぽく聞こえるが(笑)、一番末席で下世話な話をしていた。
あ、いや、大学の教授とかなり高尚なお話もしたが。巨人の星とか(爆)。。。
って、それがポイントではなかったんだけど。
さすがに領事館だけあって、かなり美味しいお食事をしながら、
領事館の裏話とか聞いたり。

それにしても、当たり前なのだが、素晴らしい建物だった。
公邸だとわかっていてもやはり素晴らしく見えるのだが、それを買い取った
元の主がいると思うと、余計にすごく思える。


で、金曜日は8時半頃からお隣の学校でパーティー。
もうすぐ日本へ帰る人の送別会であった。
それほど多くは飲まなかったが、結局午前4時近くまで色々な人としゃべってた。
よく考えたら、お酒もないのにここまでできるのはなかなかすごいことかもしれない。。。


そんなわけで当然のように土曜日は午前中は爆睡、昼近くに起きてしばらくすると、
研究者交流会なるイベント。
二人、スピーカーが各自の専門を素人にプレゼン、その後飲み、というコンセプトの
会なのだが(プレゼンと飲みのどちらが真のコンセプトかとかそういうことを
議論してはいけない)、
今回は二人とも全く別の意味で面白かった。
片方は環境省からいらっしゃってる方の環境リスクのお話で、かなりためになった。
なんと、こっちのペットボトル水は一部、水道水らしい。。。
とか、その他いろいろ。

それはそうと、飲みの席では、なんとうちのアイスホッケーのゴールキーパーが精神科医だと知り、
ちょっとびっくりしつつ、睡眠について語る(笑)。


そして、その飲みがお開きになった後、さらに前日とは違う友人の送別会。
外はめちゃくちゃ寒いので、タクシー相乗りで。
始めてはいる、すんごい広いビリヤード系バー(!?)。
あまり時間はなかったが、ここでもさまざまな人と時間の限りしゃべり、午前1時解散。


そんな別の意味でハードな週末だった。。。
でも、今週末はなんと3連休。
(そうでなきゃさすがにこんなことできない。。。)

明日はがんばるぞー。
  1. 2006/02/20(月) 15:51:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ラボノート

ラボノートは、鉛筆で書くべきか、ペンで書くべきか。


今日、アドバイザー(=指導教官)とミーティングしていて、
いろいろブレインストーミング(=脳嵐?脳荒らし!?)しているとき、
一瞬こんな話題になった。
僕のラボノートにアドバイザーがその場で思いついたことを
書き込もうとして、僕が自分のノートとシャーペンを手渡した時である。
(ちなみに、突っ込み好きな方々のために申しておくと、僕が書き込むのを
サボっていたわけではない。アドバイザーが自分で書きたがったのである。)

師曰く、「ラボノートは自分の研究の足跡だ。だから、消せないもので書くべきだ。
書き損じたら、打ち消し線を引けばよい。」

確かに論文捏造とか流行ってる今日この頃(違うって。)、ラボノートを
消えないもので書くのはいいことなのかもしれない。
後から証拠にするときに信憑性が高くなりそうだし。


ちなみに、あまり関係ないんだけど、昔、バイオ系の企業で働いている方の
お話で聞いたのだが、その企業ではラボノートの全てのページに
自分と自分のボスのサインをしなければならず、社外には絶対に持ち出しては
いけないのだとか。
怖いっすね、バイオの世界は。
全仕事量の1/4くらいは自室でこなす僕としては、考えられない。。。


えっと、話を戻すと、そうは言っても打ち消し線ばかりのラボノートは
ちょっとやだし、図とか描くとき、鉛筆の方が書きやすいし。。。


とか思ってると、自分が書いたものを消しゴムで修正しながら、
「やっぱり、消せるのもいいかもね。」とか言っているお茶目なうちのアドバイザー。

  1. 2006/02/03(金) 15:59:07|
  2. 雑念|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

みんなお疲れ!

昨日の朝、ついに論文を提出し、晴れて自由のみ(!?)になりました。
いやぁ、大変だった。いろいろと。
正直、100%というわけには行かなかったが、どうせ引き続き同じ研究室で
研究するわけだし、一区切り、研究のmilestoneとして提出できてよかったのではないかと思う。

実際、この論文を書いていて痛感したのは、普段いかに自分が深く考えず
体を動かしていたかということであった。
研究を一端中断して腰をすえて自分が今までやってきたこと、考えてきたことを
論理的文章にしていくと、ちょっと立ち止まって考えてみれば当たり前なのに、
実際に実験をしている間は考えもしなかった、ということがばんばん出てくる。
普段、そんなに行動重視で研究しているつもりは全くないのに。。。
しかも、ちょっとした学会提出ようペーパーとかラボミーティングの発表とかくらいの
レベルのことならわりとちょくちょくやるのに。。。
まぁ、そんなわけでとてもいい経験であった。


さてさて、昨日の夜は、それとは全く関係ないことで友達と飲んでいた。
しかも、待ち合わせのバーへ行こうとしたら、道中、別の友達につかまり、
一杯付き合ってから行くことに。
どちらも、qualsお疲れ飲みだった。
ちなみに、qualsとはqualifiction examの略で、博士課程適格審査試験(!?)
のことである。
アメリカの博士課程は入学するだけでは"Ph.D. candidate"(博士候補者)にはなれず、
かなり厳しいこの試験に受からないと「資格なし」ということになるのである。
いやはや、恐ろしい。と言って、他人事ではないのだが。。。

なんにせよ、二人ともとりあえずはほっとしているようでなによりだった。
おつかれさま、である。

で、僕は何故かビール2杯で普通に酔って11時過ぎに帰った。
  1. 2006/02/02(木) 14:02:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひじり

01 | 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。