Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

研究の悩み

僕の実験はある種特殊な実験室と設備と機械を使う。
故に、なかなか色々なものを持ち込めない。
ノートや筆記用具はだめ。
論文などの紙類も一切だめ。
パソコンは、もし仮に持ち込むとしたら、そのたびに洗浄
などしないといけない。

しかも、実験室内ではやたらと待ち時間が発生する。
機械にパラメータをインプットして、Goボタンを押してから
処理が完了するまでの時間。
オーブンの中でものを焼いてる時間。
洗浄をしている時間。

これが1時間くらいかかるなら一旦実験室から出てまた
完成したころに戻ってくるのだが、往々にして30分とか、
20分とかそういう待ち時間が発生する。
居室から実験室まで5分くらいはかかるので、その間だけ
居室に戻ってもしょうがない。
上記の通り、自分のパソコンを持ち込むことはできないが、
実験室内には数台のパソコンが用意されているので、
たいがい、そこで何かをして時間をつぶす。

さて、その「何か」が問題である。
個人的に、論文をモニタで読むのは頭に入らないし
嫌いである。
検索するにしても、見つけた論文をその場で保存、
プリントアウトしなければ意味がないので、やりづらい。
そこで、だいたい、していることと言えば、
1) 3分に一回、メールの確認ボタンをクリック。
2)ニュース系サイト巡回、面白い情報を収集する。
3)お気に入りブログを巡回。ちょっといいネタを収集する。
くらいだろうか。
当然だが日本語も打てないので、それもまたネックになりやすい。

この時間を有効に使えたらいいのだが、なかなか難しいのである。



しかも、この上に、もうひとつの悩み。
この実験室は、いるだけで疲れる。
文字通り、2時間くらい居るだけで、出るときにへろへろになる。
なぜか。
1) 全身つなぎとフード、手袋、ブーツを付け、全身をほとんど覆う。
口元もフードにマスクが付いているので、呼吸がちょっとだけ
しづらい。
2)実験室内はちょっとだけ高圧になっている。
3)実験室の中で使うものといえば、超高価な機械と危険な
薬品とガス。意識せずとも他の場所にいるよりは緊張する。
4)機械の振動音が絶えずする。
5)場所によっては、紫外線カットのために、蛍光灯が
黄色い。

こんなちょっとずつの要素が合わさって、中にいる人間の
体力を蝕んでゆく。
先日は、ほぼ一日中実験室に出入りを繰り返していたら、
自宅に戻ってから、気が付かないうちに寝てしまい、翌朝、
何が起きたかを理解するのに時間がかかったりもした。
目一杯テニスをした日でもそんなことまずないのに。。。



。。。そんな問題も難なくクリアして、初めて本当の研究者なのだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/23(金) 12:44:08|
  2. 雑念|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ここ2週間。その2

先週の金曜日(6/9)

卒業式。
ここの卒業式は、屋外の芝生の上でやる。
なのに、天気予報は、雨。
去年、一昨年と快晴だったのに、今年に限って。。。

まぁ、そんなこと言ってても始まらない。
ガウンは色が染みるらしいので、下には黒いズボンと
黒いセーターを着て、式へ赴く。

これでこの大学ともお別れ、と言うのなら多少の感慨
もあるのだろうが、修士を卒業したところで、
明日からまた同じ部屋で同じ人々と同じ実験をしつつ
同じようなデータとにらめっこをするわけである。
親が来ていなければ、正直、出ていたかどうかも怪しい。

まぁ、それでも卒業式は卒業式である。
一応スピーチ聞いて、学位もらって、写真撮って。

そして、結局、雨は降らなかった。
前日も翌日も雨で、式中も雲行きはあきらかに雨を
示唆していたのに、一滴も落ちてこず。
惑星地球科学科の仕業に違いない。

夕食は、また親と一緒に、前から一度行ってみたかった
ちょっと遠くだけど有名なシーフードレストラン。
前の晩の満腹感が未だに残っていたのは残念だったが、
それでもまた結構食べてしまった。
噂に違わず、ここは美味しい。


先週の土曜日(6/10)

早朝、わけあって普段あまり行かない地区へ。
土曜日のこんな朝早くにも普通に電車が走っているのが
不思議に思えてしまうあたり、ボストンである。

午後は午睡、夜はミーティング。


先週の日曜日(6/11)

一週間、よく遊んだなー、と思いながら、ぼぉっと過ごす。
遊び疲れがたまっていることに気付く。


今週の月曜日(6/12)

朝9時、キックオフ。
午前11時、がっかりする中、試合終了。
こんな一週間の始まり。
でも、やる気がないとか言ってる場合でもなく、久しぶりに
まじめに研究。

夜は、テニス。
来たのは3人、うち一人は足を痛めたらしく、ほとんど二人で
丸2時間近く、続けて打ってた。
相手をしてくれた女の子は、それでも普通に平気そう
なのには少々参った。
経験ではこっちの方があるはずなのに、自分の方が
遊ばれていた気がする。。。


今週の火曜日(6/12)

夕方のミーティングでプレゼン。
研究成果の報告というよりは、直面している問題の提示と、
アドバイスの要請。
用意したスライドの半分くらいは使わなかった気がするけど、
それでも相応に貴重なアドバイスをいただけたから、
まぁ、いいでしょう。


今週の水曜日(6/13)

なぜか今日も夜からテニス。
一人は、先週ひたすら打った女の子、もう一人はめちゃくちゃ
上手い人。
こういう組み合わせの二人と打つと、それぞれに違う
体力を使うので、余計疲れた。
でも、気温も高くはなくてすごい気持ちよかったし、
いい汗がかけてよい。


今週の木曜(6/14)

このあたりから、ようやく研究のエンジンがかかり始めた気がする。
久しぶりに、連続する立ち仕事が多い日だった。


今週の金曜日(6/15)

夜、レキシントンでディナー。
ちょっぴりお久しぶりな方々と、日本食。
久しぶりに、ビールと日本酒。


今週の土曜日(6/16)

電子顕微鏡を使おうと思ったら、壊れた。。。
そんな萎え萎えな気分で夜は会議。
午前1時まで。
その後、雑談して午前2時においとま。
徒歩で30分くらいで帰宅。

  1. 2006/06/19(月) 07:11:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ここ2週間。

先週の日曜日(6/4)

朝ゆっくり起きて、昼から和菓子大会。
友人が和菓子の作り方を教えてくれる、ということ
だったが、結局ほとんど食べただけだった(笑)。
でも、流石、出来上がったものは美味しかった。
やっぱりデザートが作れるって素敵だと思う。

夜は、そのままみんなで別の友達の家へ、パーティー。
予想をはるかに上回る人数が来て鮨詰め状態だったが、
結構いろいろしゃべれて面白かった。



先週の月曜日(6/5)

ケープコッドへ。
いろいろ調べてみると、高速クルーザーで行くのが一番速そう。
ワールドトレードセンターの裏の港から90分で半島の先端にある
プロビンスタウンへ。
かなり余裕を持って出たはずだったのに、チケット売り場に着いた
のはなぜか乗船開始3分前。。。

着いて少し歩いてみると、なんともアーティスティックな街であることが判明。
そこここにあるお店が絵画や不思議な小物、果ては貝殻アート(!?)まで
売ってたり。というか、そういう系のお店と飲食店しかなかった気もする。。。

考えてみれば、芸術家がアートの構想を練るのにいい場所なのかもしれない。
のどかなちっちゃな街だし、海もすぐそこだし。

晴れ渡った青空、とはいかなかったものの、久しぶりに海を見た気がする。
気持ちよかった。


ボストンに戻った後、なんとその勢いでダヴィンチを見に。
期待しなかった通りのまぁまぁな出来だったと思う。
でも、映像はなかなかよかった。
もっとよくてもよかったのではないか、と思うのはわがままだろうか。。。


先週の火曜日(6/6)

夕方、久しぶりにダウンタウンに出向く。
適当にウィンドーショッピングして、夕食はお手軽タイ料理。
音楽学校の界隈にある小さな店でそんなに綺麗でもないけど、
ここのパッタイは美味しい。


先週の水曜日(6/7)

たまにはまじめにラボ、と思ったら、突然ボスから電話。
今日のお昼、ミーティングをする、との事。
この週、数少ないまじめにラボで働いた日だったが、
出勤(?)しておいてよかった。。。
結局、昼食にボスとミーティング、午後にもう一人先生を
交えてもうひとつミーティングをすることに。
多分、この週、研究という観点からは最も有意義な時間だったと思う。
(というか、数少ない研究に触れた時間だった。。。)


先週の木曜日(6/8)

親がこちらにやってくる、ということで昼は親が泊まるホテル
でランチ。
天気が芳しくなく、飛行機が着陸するか少し心配もしたが、少し遅れた
だけで、無事会えた。
色々とお遣いを頼んでおいたら、その倍以上のものを持ってきてくれた。
ていうか、荷物の半分以上はお土産だった(笑)。
感謝感激である。
これで、またしばらくこっちで生きていける気がする。

ランチ後、僕の部屋に荷物を運び、生協でお土産を見たりしてから、
クインシーマーケットへ。
ここへくるのもいつ以来だろう。。。

夕食は、その近くのレストラン。
目に付くところにある割りに入ったことがないところで、あまり期待も
しなかったけど、その割りに結構美味しかった。
前菜とメインディッシュを食べた時点でお腹が張り裂けそうだったが、
それでもデザートにブラウニーパフェを頼んでいる自分にはたと気付く。
親がいると、なぜか食べ過ぎてしまう。

夕食後、親と別れて、帰宅、その後、今度は寮住まいの友人宅へ。
なんというか、夏休み気分全開でなければなかなかそんな発想は生まれてこない。
途中まで3人、後から1人加わってまったりとした雰囲気でアルコールも
入らなかったがこの取り合わせはなかなか面白いと思った。
(僕の視点から見て。)




(明日へ続く(たぶん。))
  1. 2006/06/17(土) 14:40:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天気と人口密度

最近、研究をしてて気付くことがある。

天気のいい、晴れわたった日は、実験室からも
研究室からも人が消える。
朝、実験室に入ると、がらーん、としている。
昼になると、少し人が出入りし始めるが、夕方
になるとまた人があまりいなくなる。

それに対して雨の日やどんよりした日は、やたらに
実験室内が混んでいる気がする。



皆さん、能天気(脳=天気?)といえばそうだけど、むしろ
正しく健全な人生を送っている、というべきか(笑)。
  1. 2006/06/01(木) 14:14:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひじり

05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。