Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

難問。

昨日、日本の政府系の研究費を分配する系の機関からお客さんが
いらっしゃって、インタビューされたりしてた。

このブログでももしかしたら過去に登場したかも知れないが、
僕は研究でかなり色々な学科から学生が集まる施設を利用していて、
主にそれに関する調査、だそうだ。

つまり、現状は「予算ばら撒き型」の日本でも、集中してこういう
施設を作ったらもっと研究が活性化するんじゃないか、という
ことで、ユーザーとしての僕の意見をいろいろと聞かれた
(ちなみに、どうでもいいんだけど、一番最初にメールを頂いた
時は、教授だと間違われたらしく、「○○先生」とか宛てられてて
びびった(笑)。)


僕が使ってる施設は、施設であると同時にある種のコミュニティーを
形成していて、直接実験室内外で人にあって喋るのはもちろん、
セミナーやカンファレンスみたいなものを開いたり、お楽しみ系
イベントを催したりしている。
そんな中でわりと畑違いな人々と交流したり、その人たちの研究に
触れる機会が多い。
あるいは、ある機械の使い方や実験工程でわからないこととか
うまくいかないことがあると、よく知ってる人たちがアドバイス
をくれたりする。
そして、そういう場合、当然、教えてくれた人が普段どういう
研究をしていてどういう目的でその自分と共通の機械なり工程
なりを使っているのか気になり、そこで、友達と同時に知識が
増える。
20人近くの専属テクニシャンみたいな人たちもいて、彼ら自身も
いろいろな学生の研究を手伝ったり話をしたりすることで知識
やノウハウを蓄積するので、質問を彼らに持っていくと、そうやって
蓄積された知識を得ることもできる。


これはインタビューした人たちも言っていたことだけど、本当の
イノベーションっていうのは分野の境界線上で生まれる。
特にこれだけ科学技術が発達してきた中で、ひとつの分野に
縛られて何かをしていても、イノベーションは生まれにくい。

実は、それはIBMのトップの人もいつだったかのセミナーで
言っていたことで、もちろん、そのときの文脈は企業における
(ビジネスモデルとかそういうものも含めた)イノベーションに
関してだったけど、いかにこれからの企業生き残りに様々な
分野間や企業間のコラボレーションが必要か、そしていかに
多くの企業がそれをするのに苦しんでいるか、もしくはその
重要性に気付いていないか、と言うことを言っていた。


で、僕が使う施設は、それだけ人の行き来があって、各種イベント
とかも含めて異分野の人との交流を促す仕掛けができている
(もちろん、施設の特性上、小さいものを対象とした研究をしている
人でないと利用しないのだが、「小さいもの」と一口に言っても
細かな分野はごまんとある。)


そんな仕掛けを日本にも作れないか。
あるいは、何をどうしたら作れるのか。

インタビューとは言っても、割と面白い方々で、途中からは
こっちからも質問したり、ちょっとした議論になった。

いろいろ意見を交わしながらアイディアを搾り出そうとするのだが、
どうしても日本の大学制度や教授の問題みたいなことろに
行き着いてしまうことに気付く。

日本でも、そういう施設そのもの(「ハコ」という表現をしていた)
を作るのはそんなに不可能なことではない。
例えば、東京大学にでーんとそういう施設を作ってしまうことは
可能といえば可能らしい。
ただ、もちろん、作ったところで、有効に利用されるか、という
問題である。
作ったら、当然存在するだけで維持費がかかるし。
(実際、最近、設備を作ってしまったけど、上手く使われて
なくて、さぁ、どうしよう、みたいな施設は日本にたくさん
あるらしい。)
研究室間の敷居、そして学科間の敷居が高い日本の大学で、
日本の教授陣がうまく利用してくれるのか。
しかも、例えばそれを東京に作ったとして、じゃあ、地方の
大学の工学部はどうなるんだ、見たいな(いかにも、いかにも
日本らしい)議論がでてくるらしい。

まぁ、日本にも、すでに先端研とか、結構いい施設がある(らしい)し、
とか思うんだけど、物理的距離のこともあってか、それは
それであまり上手く使われないらしい。
もっと大学と密にやれば、あるいはそういう研究所が教育みたいな
部分もまかなってくれればいいんだけど、なかなかそうもいかない。


と、まぁ、その後も議論が延々続いたのだけど(書くの疲れてきた)、
報告書をどうまとめたらよいのか相当お悩みになられてた。
こっちは適当にいいたい事言っていればいいけど、彼らは仕事
ですからね。。。おつかれさまです。


こうしてインタビューされると、いろいろと普段考えない事を
考えさせられたり、無意識だったものが掘り起こされたりして、
自分自身も勉強になって面白い。
そして、考えさせられる。
自分がいかに恵まれた環境にいるか、ってことも含めて。

そして、こうして(仕事とはいえ)かなりまじめに日本の将来を
どうしたらいいのか、ということを考えている人がいるという
事を知るだけでも、ちょっとほっとする。
そんなことでほっとしてしまうような現状だということなのかも
しれないが。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/29(日) 16:00:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

忙しい。。。

最近、なんでこんなに忙しいんだ、ってくらい忙しい。

そして、忙しいときほど整理することが大事なことに気付く。
目の前にある仕事にとりあえず手をつけて少しでも仕事を
こなそうとする誘惑は非常に大きいけど、そこでぐっと
がまんしてとりあえずやることリストと計画作りをしないと
効率悪いし、仕事が進んでいる気がしないからやる気も
低減する。

固定スケジュールとその他のやること一覧を手元において
つぶせるところからつぶしていかないと、ひたすらやることが
終らない。



そんな今日、授業中、眠すぎてうとうともせず、妙に覚醒気味な中、
不思議な高揚感と白昼夢の間みたいな間隔になってた。
最近、明らかに体力が落ちてる。。。
  1. 2006/10/19(木) 14:31:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まぁ、そういうこともある。

気が付けば前のエントリから一ヶ月近くが経ち、
ボストンの気温も本格的に寒くなってきた今日この頃。
9月はいろんな意味で忙しく、ばたばたばたばたしてたけど、
とりあえず、昨日の話。


体育の日の一、二週間前の日曜日は恒例のボストン日本人会
ソフトボール大会。
ボストンで日本人チーム十チーム強が集まって、勝ち抜き方式で
戦いを繰り広げる。

われらが大学の日本人会チームも毎年チームを出してるけど、
僕が経験した限り、一勝でもした記憶がない。
まぁ、チームによっては毎週のように集まって練習している
ところもある中、たまにしか練習しないチームがそう
簡単に勝てるわけはないんだけど。

特に、今年は練習回数も参加者も少なく、大会当日もようやく
9人集まるという状況。
ていうか、自分は事前に参加表明をせず、前の晩にキャプテンに
会ったときにふと「出る。」と言っただけだったから、
当日朝、キャプテンに電話してたら、
「(ひじり)さん入れてちょうど9人なんで。」
とか言われる始末。
え。行くの?みたいな。
しかも、微妙に雨が降ったりやんだりだし。

まぁ、しょうがあるまい、と簡単に仕度をして出発。
ちょっと徒歩でいける距離じゃないし、公共交通機関も不便
なところにあるフィールドだから、カープール。
そのカープールさえも全くオーガナイズされておらず、
明らかに遠回りしながら、もう片方の車と携帯でやりとりしながら、
試合開始5分前くらいにフィールドに到着。
ウォームアップは。。。ほとんどなし。
雨は、相変わらずぱらついてる。

そんなこんなで試合が始まりかけてから各人の守備位置や
打順を決定、何がなんだかよくわからないまま、試合開始。


ところが、気が付いたら、勝ってた。
うちのチームはくじびきシードだったから、相手はどんなに
低く見積もっても、一応一戦目を勝ち抜いた程度に強い
チームだったのに(いや、実際結構上手いと思ったけど)、
何がよかったのか、一点差で勝ってしまった。

大会運営本部の方々にも、「おかしい」とか「奇跡」とか
言われる始末。
まだ一勝なのに、何かものすごい快挙を成し遂げた気分。


でも、2試合目はいつも優勝候補、何度か優勝を経験している
おとなり大学メディカルスクールのチーム。
もちろん、勝てるわけがない。
と、誰もが考えていたのに(いや、誇張ではなく、誰が
どう考えてもうちのチームが太刀打ちできるわけがない)、
何故か一回からリード、その後も終始リードしながら
また気が付いたら勝ってた。
途中から雨が激しくなってきて、かなりやりにくかった
けど、そんな雨にも助けられてか、その他いろいろ
幸運に恵まれてか、何があったのか、勝ってしまった。



そして雨のために決勝戦は取りやめ、代わりにじゃんけんで
優勝を決めることに。
で、誰の普段の行いのお陰なのか、それにも勝ってしまい、
優勝。
十数年ぶり、らしい。
ていうか、去年、一勝もできなかったチームが、今年も
そんなに練習もせず、打順も試合が始まってから決めるような
組織力のなさで、優勝。
はっきり言って、他の頑張って練習してるチームたちが
不憫でさえある。
こんな雨の中、なおさら。

でも、まぁ、そんなことも、たまには、ある。
そして、そんなことがたまにあると、嬉しいのだけど。


「ソフトは強い者が勝つんじゃない、勝った者が強いんだ。」
と言いたいところだが、ここで言うと前の半分が納得すぎて
後の半分に激しい反論が来そうだから、やめておこう(笑)。
  1. 2006/10/03(火) 15:46:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひじり

09 | 2006/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。