Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

blue moon

Blue moonって、知ってますか?

"Once in a blue moon"っていうと、「滅多にないこと」の意味。
そんな滅多にない日(晩)が、明日です。


とは言っても、月が青く見えたりするわけではなくて(ボストンはいい天気なので
確認してみてください。。。)、同じカレンダー月の中で、二回目の満月が
来るということ。
今月は1日が満月で、そして明日の晩、また満月。
もちろん、月の周期と現在の暦が一致していないから生じる現象です。


もともとは農家の人々が、1シーズンで4回満月が出るときの三つ目を
こう呼んでたんだけど、何かの拍子に、上に書いたような意味になってしまったんだって。


ただ、残念ながら、日本では満月になるのが(時差と日付変更線の関係で)
7月1日なので、いずれにしてもblue moonではないみたい。

。。。って別に残念でもなんでもないか。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 13:37:44|
  2. 雑念|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

旅行

先週末はワシントンDCに行ってきた。
土曜日から月曜まで、勝手にロングウィークエンド。

とはいっても、今回は友達の結婚式だったので、到着した土曜日の夜は
前夜祭(?)として新郎家でホームパーティー、日曜日の午後が披露宴、
月曜日の午後の便で帰宅、ということであまりじっくりと観光する時間はとれず。


旅の楽しみ方というのは二通りあって、行く前にきっかり全部調べ上げて、
時間を最大限有効活用しつつ一通り見たいものリストをつぶすやりかたと、
あまり何も調べず、最重要ポイントだけなんとなく押さえておいてあとは
けせらせらなやりかたと。

普段、僕は圧倒的に前者で、旅行する時は必ずいろいろと予習をして予定を立てて、
交通手段とかも一通りは調べてからいくのだけれど、今回はそんなわけで
あまり調べもせず、博物館は行きたいかな、くらいのノリで旅立つ。


そんなことをしてて思ったんだけど、調べ上げる派の旅行では、
だいたいどんなに綿密な計画を立ててもいろいろな理由からその予定は
あっけなく崩れ、理論上、見れるはずだったものをいくつか諦め、
帰るときに、計画がうまくいかなかったことについて一人反省会になったり、
あれ見たかったなー、みたいな気分になるのに対して、
ケセラ派では、特に何も考えてなかったのに意外といろいろうまくいってしまったり、
その分いろいろと発見があったり、思いがけずガイドブックとかには載ってない様な
面白い体験ができたり、ラッキー、みたいな気分になりやすい。
ゆえに、後者の方が意外にも気分的に楽しかったりするのかも。
時と場合によって。


実際、今回の旅は最初から最後まで波乱万丈もいいところで、実際に観光と言える
行動は最小限だったけど、いろいろ(ハラハラしたりしながらも)なかなか面白かった。
新鮮だった、とも言う。
細かいことを書き始めると長ーくなるので、やめますが。




で、そんな楽しい旅行をしてしまった後には、必ず溜まった仕事が
待ってるわけで。。。
今週は大変です(現在進行形(汗))。
  1. 2007/06/29(金) 16:18:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Lost in とらんすれーしょん

すんごくどうでもいいんですけど、日本語が語源の英語って意外と
たくさんありますよね。。。
kimonoとか、futonとか、sudokuとか、judoとか、tofuとか、sushiとか、teriyakiとか、Matsuzakaとか。
まぁ、特に食べ物とかあげていけばきりないですけど。

その仲間に、animeとmangaがあるの、知ってました?
いや、まぁ、こっちに住んでるといたるところで普通に見る言葉では
あるんですけど、もはや俗語ではなくて、正式な辞書登録用語なんです。
ためしに、
http://encarta.msn.com/encnet/features/dictionary/dictionaryhome.aspx
とかで、二つの単語を調べてみてください。
ぜひぜひ。
解説が、すごく面白いです。
アメリカ人の偏見がすごくよくわかります。
他の辞書サイトで調べても、そんなようなことが書いてあったりします。
http://dictionary.reference.com/
とか。
最初のが一番面白いですが。


ちなみに、うちの大学図書館の一角に、漫画コーナーがあって、
日本の漫画の英訳ものがおいてあります。
最近のものでは、デスノートとか。(もう最近ではないけど。)
そういうテレビシリーズを英語字幕つきで上映しているサークル
があったりもします。
もはや、日本が誇る文化のようです。


でも、どうせ英語にするなら、その単語、正しく使ってほしいです。
あ、ついでに、teriyakiのタレの味、正しく作ってほしいです。
  1. 2007/06/18(月) 15:56:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モード切替

今週は、月曜日からアドバイザーとのミーティングがあったりもして、
今日は軽くプレゼンとかもして、なんとなく休眠モードから
また忙しモードに。

この夏は公私ともにやることが多い。
絶対にやらないといけないことと、絶対にやりたいことと、
やりたいけどあきらめつくことと、できたらやりたいことと。
それが大体ピラミッド構造になってて(できたらやりたいこと
というのは大概無限にある)、そのピラミッドを時間軸で縦横に
切り分けて。
そんな風に夏をすごしてゆくことになるはず。

。。。はず。


まぁ、別に夏に限ったことじゃないけど。
でも、比較的時間に自由が利く夏だからこそ。
  1. 2007/06/14(木) 16:36:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライトアップ

昨日はおとといに引き続き、うちの大学の卒業式。
昨年度、博士になった日本人の大先輩お二人のお祝いで夕食したり。
去り行く先輩方を見ながら、日本人会で長老と化してゆく自分を見て見ぬふり
しきれなかったり。


卒業式で多くの卒業生やご家族が遊びに来てるのに合わせてか、
今日は夜、ドームのライトアップ点灯式があった。
なにやら新しくLEDを設置するための資金を卒業生が
寄付したらしく、ドライヤー2個分の電力でドーム全部を
ライトアップできるとか。
見ていて、わりといいかんじだった。
とてもドライヤー2個分の電力とは思えない。
ていうか、その場にいた友達とも話してたんだけど、
ドライヤーというものがエネルギー的にいかに非効率的な道具か、
という事を示しているようでもある。
(まぁ、あれだけの熱風をあの勢いで放出してるわけだし。)

ちなみに、その10倍の電力を供給できるソーラーパネルも
同時に設置したらしい。
つまり、キャンパス中で20人が同時にドライヤーを使っても大丈夫なくらい。
まぁ、その2,3倍の人がキャンパスのどこかで徹夜して朝を迎える
可能性はあるけど、シャワーを浴びてちゃんとドライヤーで髪を整えてる人が
そのうち20人もいるとは思えないから、大丈夫かな。

  1. 2007/06/10(日) 16:10:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

卒業式

僕のではなくて、
うちの大学のでもなくて、
隣の大学の。

以前のルームメイトが卒業式のために帰ってきていて、
その間リビングに泊めてあげていて、そんな中、
卒業式のチケットが余った、とか言って一枚くれた。

スピーカーがゲイツだったし、いい天気だったし、
他の大学の卒業式を一度見てみるのも一興だし、
せっかくチケットもらったんだし、と思って見にいった。
チケット無くても普通に入れたけど。


ゲイツのスピーチは、思っていたよりは面白かったかも。
いかに自分がこの大学を中退したかという話から始まって、
彼がいかにして世の中の貧困などの問題と向き合うようになったか、
また、社会の複雑さがいかにその解決の妨げになっていて、
テクノロジーによって解決しうる可能性があるか、みたいな
はなしだった。
。。。とかぱぱっと書くと非常に面白くなさそうだけど。
多分、どこかに全文アップされると思うので、興味のある人は
読んであげてください。。。この大学に似合わず非常に
わかりやすかったのですぐに読めると思います。


夜はそのうちに泊まってる元ルームメイトがお寿司をご馳走してくれた。
久しぶりにたらふく食べて、ちょっと幸せ。
でも、今日卒業した元ルームメイトはそれ以上に幸せそうだった。
そりゃ、そうか。
  1. 2007/06/08(金) 15:20:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

zero efficiency

先週末は久しぶりに週末というものを味わって、
一ヶ月くらい口にしてなかったお酒を金曜日から4日連続で嗜んで、
睡眠時間は前の週の倍以上とって。

今週に入ってから、まじめに研究しようとする気があるのかないのか、
何一つ進まない。
ラボノート開いても何も思い浮かばないし、論文印刷しても読む気にならない。


自分の前に悠久の時間があるように感じてしまったら最後、人間は
決してそれを有効に活用しようとはしない。
失われた時間は戻ってこないとか、時間が取れるときこそ自分にとって
大事なことをやるべしとか、そんな戒めは無駄に近い。
というか、そもそも体内時計が実時間の1/15くらいの速さでしか進まないのだから、
まずそれを直さないとどうにもならない。

先週までの、一日24時間という壁に直面してその壁の内側にあるすべての
リソースをいかに有効活用するか、という日々をすごしていた反動は大きいらしい。


やばい、明日からまた普通の研究生活に戻らないと。。。
  1. 2007/06/07(木) 14:34:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひじり

05 | 2007/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。