Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日米ロボット対決

ロボット技術の発展って、すごいです。

最近、ちょっとすごいロボットを日本発、アメリカ発、一体ずつについて知ってしまったので、紹介します。

アメリカ:
http://www.youtube.com/watch?v=XrmrU7P-ysA&eurl=http://web.mit.edu/newsoffice/2008/nexi-0409.html

日本:
http://www.youtube.com/watch?v=bCK64zsZNNs


発表は日本の方が先だから、アメリカバージョンはそれに追随しようとしたんですね。
でも、個人的には、日本にはまだまだ追いついてないと思います。
不気味さで。


これ見てて、「不気味の谷」のお話とか思い出したんだけど、
(参照:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%B0%B7%E7%8F%BE%E8%B1%A1
http://en.wikipedia.org/wiki/Uncanny_valley

もしそうだったら、もしかして電気羊の夢を見るアンドロイド的世界に近づくために
踏まなくてはならない一歩なのかもしれないけど、
これの場合、そういう不気味さとはまた違う気がしてきた。

ただ単純に流行ってるだけなんですかね、こういうの。。。
社会情勢が不安定になるとホラー映画みたいなのが流行る、っていいますけど、
これも何か昨今の世の中を反映してるのでしょうか。。。



ちなみに、それぞれ何ができるかって言うと、別に大して何もできないらしいです。
現時点では。
日本のは、福祉とか介護とか言ってますけど、正直、深夜、病院とかで寝ててこんなのが現れたら、僕だったら泣き叫びます。

ただ、両ロボットを作った各研究団体とか資金提供団体の名誉のために言っておきますと、
多分デザインのセンスの問題で、開発しようとしている技術は相応に価値のあるものなんだと思います。

がんばれ、ロボット研究者たち。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/01(木) 02:20:53|
  2. 雑念|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<一時帰国日程 | ホーム | 光と電気は同じものか、と言うことに関して。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saint.blog8.fc2.com/tb.php/90-b1eba5f1

ひじり

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。