Mostly Indulging Times

人生なるようになるし、なるようにしかならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

光と電気は同じものか、と言うことに関して。

この間、何かの折に、光と電気はどう違うのか、という質問をされた。
通信の話をしていた時だと思う。

光の正体はフォトン(光子)、電気はエレクトロン(電子)、と言って
しまえばそれまでなんだけど、喋ってて、実はこの問題はこんなに単純
ではないことに気づいた。



日本語では、暗い部屋を明るくするためにスイッチをONにすることを
「電気をつける」と表現する。そこで光るのは、「電球」。
これを英語で表現すると、"turn on the lights"、光るのは"light bulb"。
「つける」は"turn on"、「球」を仮に"bulb"とすると、「電気」="light"
と言うことになる。
だから、光(light)=電気(electricity)。。。??

人生生きてて、初めて気づいた。ショックというか、感動というか。

日本人はプロセスを重視するのに対して欧米人は結果を気にするから、
日本語では光を灯す手段である「電気」に言及して、英語では結果である
「光」に着目する。。。のかな。

そういえば、英語で「停電」は"power outage"とか"power failure"。
パワーと言えば、すなわち電気によるパワー(電力)。
つまり、それが電気であるのはあまりにも当たり前だから、わざわざ
言わないということなのでしょうか。
エネルギーがどんな手段、媒体で運ばれてくるか、なんて細かいことは
気にするな、パワーがあればいいのよ、それがなくなったら要するに
困るのよ、みたいなのりでしょうか。
そんなことだからいつまでたっても光通信が普及しないのでしょうか。


ちょっとこれのバリエーションで、テレビ(television=tele(遠くの)+vision(視覚))
のことを、中国語では電視(=電気を使って視る)っていうらしいですよ。



以上、いつだったかのちょっと発見。
その他の言語、表現ではどうなんでしょうね?
  1. 2008/04/22(火) 01:10:33|
  2. 雑念|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

21

映画『21』。

邦題「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!(原題"Bringing Down the House")」の映画化。
日本ではあまり話題でないみたいだけど(こっちで昨日封切したばかりだから当たり前か。。。)、
この界隈ではちょっとした盛り上がりを見せていた(と思う)。

(多分、だいぶ実話に基づいてる)原作をまだ読み始めたばかりだから具体的にはわからないけど、
いかにもハリウッド映画らしい脚色をしている一方で微妙にリアリティを醸し出しているのがちょっと面白かった。
あぁ、うちの大学、こういうやついるよね、とか、(映画の中の)これって、(実際の)あれのことだよね、とか。
内輪受け要素、というか。


ちなみに、うちの大学はキャンパス内での撮影を許可しなかったらしく、建物内の風景は全部BUで撮られている。
キャンパスぎりぎり外とか、上空とかからの景色はでてくるのだけれど。
ハーバードはもろに本物で撮られてるのに。


でも、もうちょっと面白いのが、この学内ニュース記事↓
http://web.mit.edu/newsoffice/2008/twenty-one-0328.html
"loosely" based(「緩く」基づいているだけのフィクション)であることをすごく主張している。
特に、あの悪徳(?)教授が気に食わなかったらしい。
その一方で、ちゃっかり、そういうことができてしまう学生がいてもおかしくないよね、とか、
登場するロボットはOBの提供したものです、とか、宣伝してる。
まぁ、現実にやってのけた学生がいたわけだし、あのくらいのロボット、その辺の学生が
いくらでも作ってそうだからいいんだけど(笑)。


さて、がんばって原作読むか。。。
  1. 2008/03/30(日) 01:45:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

むつかしい会話

先々週の木曜日まで毎週木曜夕方、3回にわたって、"Difficult conversations"をどう攻略するか、
みたいな会に参加した。

Difficult Conversation=難しい会話、とは、たとえば仕事仲間と雰囲気悪くなったときにする会話。
ものすごくざっくり言ってしまえば、円満な人間関係を築きつつ、自分の不満も押さえ込まない会話術。
。。。うーん、ちょっとニュアンス違うけど。

基本的にそういう系のことが書いてある本を事前に読んできて、Negotiation学みたいなことを勉強している人
を中心に、16人のメンバーがいろいろ話し合ういわゆるブッククラブ。


せっかくだから、ちょっとだけ、エッセンスを無理やり数行に押し込んで言うなら、
- 普段人と会話していて、いかに相手に対して勝手なassumptionに基づいて判断、反応しやすいか。
知ってる人は、ladder of inferenceってやつです。(知らない人は、ぐぐってみてください。)
- 究極的に、会話している相手を変えることはできない。
会話の目的は、相手の意見を変えて自分の意見に同意させることではなくて、相手のことを
もっとよく知ろうとすること(assumptionを取り除いて、事実と本人の言葉に基づいて
相手についてより正しくしろうとすること)であるべき。

みたいな感じ。
うーん、そこだけぱっと言うと、まぁ、そうだよね、くらいだけど、そういうのって大事だよね、多分。



気が向いたらまた今度ちゃんとまじめに詳しく書いてみます。。。。

  1. 2008/03/19(水) 01:59:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世の中もっと便利にしよう委員会:携帯編

どうしても必要な時に限ってなくなるものの例:携帯電話の電池

昨今、世の中は非常に便利になっておりまして、待ち合わせをするのにも
携帯電話がないとどうにもならない。
「困った」で済めば、まぁ、いいけど、仕事とか、大事な約束とか、
携帯が通じないほど困ることも少ない。


というわけで、そんな悩みを解消してくれる技術が、Witricity。
(というか、そういうのの中でとりわけ一時期、メディアの話題を呼んだもの)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/09/news009.html (日本語)
http://web.mit.edu/newsoffice/2007/wireless-0607.html (英語)
基本的に、共振とか利用して電気エネルギーを効率よく飛ばす技術。
ぶっちゃけていってしまえば、スイカ(JR東日本の、あれ)の長距離バージョン。
飛ばせる距離はそんなには長くないから、実用ということを考えるなら、
いろんな部屋とか空港のロビーとか(?)に基地局みたいなのを置いておいて、
登録された携帯電話に電気を送る、という感じになる。

ただ、そうすると、インフラの整備とか規格統一とか必要だし、エネルギー
を「盗まれ」ないようにいろいろ工夫が必要だし、現在の(かなり初期)
段階で転送効率は最大60%程度らしいし、というので、
この話を研究室でしていたときになぜかそこにいたVCの方とか、
「どうなんだろうね。」みたいな雰囲気だった。



でも、思うんだけど、こんな難しそう(=面倒くさそう)なことしなくても、
手動発電機を携帯電話に備え付ければよくない?

一時期話題を呼んだOLPCのXO(昔の「100ドルPC」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/The_Children's_Machine
には、ひもを引っ張る式の発電機がついている。
電力供給が安定しない国・地域でも使えるように、ということである。

要するにこれを携帯電話につければよいのではないだろうか。
イメージ図:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060803/245145/thumb_200_ph1.jpg
電池がなくなりそうになったら、ひもをひっぱって充電。
すばらしい。
携帯電話各社、導入すべきだ。

ちなみに、相応に需要もあるらしい:
http://www.mobile-research.jp/investigation/research_date_071108.html

また、今後欲しいと思う充電器(複数回答)では、
「ソーラー充電式充電器」が35.3%でトップ。次いで「手動充電タイプ式
充電器」と「電池交換式充電器」が同率19%となっている。ソーラー式
や手動式は災害用としてニーズが高いようだ。




。。。とか思ってたら、もっとすごいものを発見してしまった。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/09/news009.html
徒歩発電。。。?
そういえば、床を踏んで発電、みたいな技術は東京駅でもお目見えしたらしいけど、
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080118AT1G1802F18012008.html
そういうのよりも効率いいのかな。(原文まだ読んでない。。。)

ていうか、変にひざが疲れたり、歩き方が変になったりしないのかな。。。
ただ、携帯を充電するためにこんなのをつけながら街を歩き回るのもどうかと思うし、
「携帯電話」っていうのは、メディア向けにキャッチーにするために言ってるだけだとは
思うけど。
それに、これも実用化するとなったら高そう。。。やっぱり軍事とか、そっち目的かな。。。



というわけで、ひもひっぱり式発電ケータイ、ぜひ実現してください。
誰か。

  1. 2008/02/10(日) 01:22:26|
  2. 雑念|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まだまだ記録更新中。

今日は、久しぶりに微妙におしゃれなレストランにいきました。
12人で。
年齢層で言うと、プラス1?マイナス2。
大学別で言うと、どちらかと言えばめずらしい少数派(2/12、途中から3/12)。
性別で言うと、まぁ、それはどうでもいいや。


この街はお酒を頼むときの年齢チェックが非常に厳しいです。
なので、お酒を飲む可能性があるときは、ID携帯必須。
今日も、もちろん持ってました。

お酒を全員分オーダーしたら、案の定、IDを見せろ、と言われました。



僕ともう一人だけ。



もう一人は、グループ唯一のマイナス2。


全員見せろ、とかならわかりますけど、なぜそんなピンポイントで。
ほかの人も、そんなに年齢違わないですが。


というわけで、二十歳に見られない記録、更新中です。
日本でも学部4年生くらいのときに、新歓でサークル勧誘ビラもらったり
しましたけど、こっちにくるとなおさら激しいです。
日本人は(というかアジア人は)若く見られがちですが、それにも
ほどがあります。


筆者の年齢を知らない人は、勝手に想像していただいて結構です。


知ってる人は、今度なぐさめてあげてください。



ていうか、ここまできたら開き直ります。
果たして何歳までIDチェックされることができるか。


人生にまたひとつ新しい目標ができました。
  1. 2008/02/02(土) 03:15:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

ひじり

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。